これで日中もぐっすり!?おねんねスペースの工夫について

  • 2020年7月6日
  • 2020年7月6日
  • 育児
いむなつ
どーも。いむなつです。今日は日中の睡眠スペースについてお話しさせてもらいます!

朝寝・昼寝・夕寝いろいろありますが、

ちょっとでも寝てほしい!

寝ている間に家事を進めたい!

自分も休みたいっ!笑

私はそう思っていますか😂笑

 

そこで、日中の睡眠スペースについて
皆様は何か工夫されていることありますか?

 

私は何点かあるので共有させていただきます。

睡眠スペースに気をつけているおかげか?
最近では短くても40分、長いときは2時間、平均して1時間以上は寝てくれています。


1つ目は寝る場所です。
基本いつもと一緒を心がけています。

実家に行った時やお友達にの家に行った時などは無理なのですが、自宅にいるときはいつも同じ寝室で寝かせることで、安心感を持たせています。

 

2つ目は部屋を極力暗くするということです。

カーテンは全部締める。電気ももちろん消す。

⚠まだ寝返りをしないので、大人ベッドに寝かせています。

→私も横で昼寝してることが明白ですね🤣

普段は落ちないように周りを囲っていますが、撮影用にすっきりと。

夜は下のベビー布団で寝かせています。

3つめは音をなるべく聞こえないように遮断するということです。

室内のテレビ音はもちろん、外の音も窓を閉めて、遮断しています。

 

4つ目は、エアコンを上手に活用するということです。

窓を閉め切ってしまうので、
この季節はとても暑くなってしまうので、
エアコンを上手に活用して赤ちゃんの快適な温度を保つようにしています。

日中しっかりと寝てもらうことのメリットとしては、

夜の寝付きがいいということです。

 

経験上ですが、昼間しっかりと寝てくれたほうが夜もぐっすり寝てくれます。

 

また寝るときのタイミングとしては、
月齢別に1回起きた時の起きていられる活動時間があるので、それを目安にしています。

こちらです↓↓

 

 

もうそろそろ眠いんだなあと思い(授乳の時間であれば、授乳してから)眠そうな時は寝室に連れて行ってあげて、そっと置いてあげます。

すると、すんなり寝てくれるときが多いです。

赤ちゃんの眠たいサインを見逃さないことが大事かなと思います。

ちなみに我が子は眠くなるとき眉間が赤くなります🤭♥

そして、最近知ったのですが、

赤ちゃんの「あくびをする・ぐずる・目をこする」行為は疲れすぎているサイン。

「疲れると眠くなる」という現象は大人にとっては当たり前のことですが、
赤ちゃんの場合は疲れすぎるとストレスホルモンが過剰に分泌され、その結果、寝ぐずりや夜泣きが起こってしまうということ。

あくびをしてるときはすでに眠くて眠くて仕方ないなんだなぁと思いました。

1日の活動時間と眠くなるサインについては、
子どもの睡眠コンサルタントの愛波 文さんの
著書『ママと赤ちゃんのぐっすり本 「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」解決ガイド』を参照させていただきました。

 

昼間もぐっすり寝てもらい、夜もしっかり寝てもらいママにとっても、赤ちゃんにとっても、ストレスのない育児をしていきましょ〜🙋🌸

皆さんもこんな工夫してるよー!などあれば教えてください🙇‍♀♥