母乳不足に効果的な飲み物

  • 2020年7月2日
  • 2020年7月21日
  • 育児

 

いむなつ
どーも。産後ハマらなかった結婚指輪をなんとか押し込んだ、いむなつです。

さて、本日はわたしが最近飲んでいる
「たんぽぽ茶 ≒ たんぽぽコーヒー(ノンカフェイン)」について、
効果ありそう!と感じたので共有させていただきます!

 

まず、たんぽぽ茶とはたんぽぽの根を乾燥させ、焙煎したお茶のことです。

商品によっては葉や茎を使ったものもあるそうです。

コーヒーのような味がするため
別名「たんぽぽコーヒー」と呼ばれることもあります。

どちらも、ノンカフェインなので妊娠中〜授乳期間の女性も安心して飲むことができます


たんぽぽ茶に含まれる成分や 期待できる効果

<美肌>
コラーゲンの生成を促すビタミンCをはじめ、皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあるビタミンAなどのビタミン類が多く含まれているそう。

<むくみ>
体内に蓄積している老廃物や水分を促し、むくみを改善する働きがあるカリウムが豊富です。

<母乳の質を向上>
たんぽぽの根の部分には蒲公英根(ほこうえいこん)という成分が含まれています。この成分には血管を拡張し、血流の流れを良くする働きがあると言われていることから、冷えを改善したり母乳の質や量を高めたりする効果に期待できます。

<ダイエット・便秘>
たんぽぽ茶に含まれる食物繊維の一種、イヌリンを摂取することで血糖値の上昇が穏やかになり、脂肪の蓄積を防ぐことができると言われています。イヌリンには腸内環境を整え便秘を改善する働きなどもあるそう。

成分については、タンポポの根や葉を刻んだものを使用しています。
タンポポ茶の場合はそれをそのまま煎じて飲む形になります。
ですので色も緑茶などとほとんど変わらない色をしているのです。

一方でたんぽぽコーヒーは根や葉を一旦炒めたものを使用します。
それをフィルター等で濾して飲むのです。
そうすることによって本物のコーヒーのような色合いを出すことができます。


 

飲んでみての感想
たんぽぽ茶を毎日600mlを1週間ほど続けていますが、

片方5分×5分で50mlが平均的だったのですが、平均80mlに。

調子のいいときは120mlも出ました!

我が子、いっちゃんの吸い付きもよくなった気も!

まぁ、母乳はそのときの私達の体調やホルモンバランスで変わってきたりもするので、

一概にたんぽぽ茶のおかげとは言えませんが、引き続き母乳のお守りとして飲み続けてみようと思います。

ちなみに、現在わたしはミルクと母乳の混合育児です。
飲んでいるたんぽぽ茶は、AMOMAのたんぽぽコーヒーです。




味は癖がなく、麦茶のような味で最後にコーヒーのような香りがかすかにするかな?という感じです!

もちろん、ママさんだけでなく妊婦さんにも良い効果があるそうなので、

試してみる価値はあるかなと思いました♪

 

その他、インスタのフォロワーさんでこちらの商品も母乳に効果があったかも!と口コミいただいたので

載せておきます。


お守り的な感じで、ぜひ一度お試しあれ。

 

追記…3ヶ月に入り、遂に混合から完全母乳に移行できました\(^^)/

完ミ・混合・完母どれでも、赤ちゃんとお母さんとの愛情があれば、どの選択肢を選んでも正解です。

完母までの道のりで苦労したことや工夫したこともいずれブログに書こうと思います。